会いたい人に会えるガーデン🍳とろとろチキンカレー

       ホリホック
ホリホック

 夏休みになってすぐだというのに、娘さんはもう自由研究のことを考えていました。本棚から取り出した植物図鑑や園芸本のページを、腹ばいになってめくっていました。エンクルもワインの本を開いてうっとりしていた時でした、外の菜園でマスターが誰かと話す声が聞こえてきました。娘さんは窓から身を乗り出して聞き耳を立てました。
「もうガーデンには行ったのかい?」
 それは郵便配達員のコロボックルさんの声でした。
「いや、今年はいかないと思うよ」
「何時もニセアカシアの咲くころ出かけていたじゃないか。とっくに花は散ったけれど、今はホリホックが見事だよ」
「ああ、ありがとう。聞いてみるよ」
 マスターはそう言うと、また静かに菜園の手入れをするのでした。秋に色づいたナナカマドに雪の帽子が届けられ、春になってニリンソウが咲いて、ラベンダーが風に揺れる季節になっても、マスターの目にはその季節の光が届いていないようでした。
 マスターが夏野菜を沢山抱えて家の扉を開けると、、娘さんは待ち構えていたように階段に座っていました。
「宿根草を自由研究にしようと思うの。冬の間雪の下に埋もれているのに、春になると必ず芽を出すのが不思議なの。ガーデンには、数えきれないほど宿根草がさいているでしょう?写真を撮って植物図鑑で調べようと思う」
「それにガーデンの宿根草が大きく育つ秘密も知りたいの。同じ花なのに、前に見たときうちの何倍も大きく感じたから」
 必死に話をする娘さんの話を黙って聞いていたマスターは、車のキーを手に取ると何も言わずドアの方へ歩き出しました。

ピンクのニセアカシア

 コロボックルさんが言っていたように、ニセアカシアはもう散っていました。マダムはこの花を見ると、『こんなにきれいな花をつけるのにどうしてちゃんとした名前を付けてくれなかったのかしら』と、怒るのでした。
ガーデンに一歩足を踏み入れると、そこには背の高い宿根草が植えられていて迷路に迷い込んだようです。マスターと娘さんが、かくれんぼをしたり写真を撮ったりしながらしばらく歩いていくと、道が急に開けて丘の上に一本のミズナラの木が現れました。マダムはその木陰からガーデンを見下ろすのが好きでした。
二人がしばらくの間そこに立ち尽くしていると、風がさわさわとゲラニウムの花をゆらしてミズナラの木の方へ吹き抜けていきました。
マダムが木陰に立ってガーデンを見下ろしている姿を、娘さんははっきりと感じたのでした。

「人は誰でも、会いたい人にいつでも会えるとは限らないのだよ。さみしくなったら、ここに来ればいいのさ」
 マスターがつぶやきました。その言葉は、自分自身に言い聞かせているようでもありました。

 帰り道、ガーデンの出口にある納屋のような小さなカフェから美味しそうなカレーのにおいがしてきました。
「今日は世界一美味しいカレーを作るぞ」
 カレーは、マスターの唯一の得意料理なのでした。

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

【とろとろチキンカレー】


何年も前に、インド出身のマハヴィルさんから教えていただいた味を思い出しながらアレンジしました。具は鶏肉と玉ねぎのみのシンプルなカレーです。本物の味にはたどり着いていませんが、徐々に近づいています(と、自分では思っているのですが)。レシピも美味しくなるたびに更新していきます。

材料(4人分)
・鶏もも肉 400g
・玉ねぎ  4個
・にんにく 4かけ
・ショウガ ニンニクの半分
・油    50㏄
・水    100㏄
・チキンコンソメ少々(お好みで)
・クミン、粒マスタード、ターメリック、ガラムマサラ、カルダモン
1:1:1:1:1(大さじ) を基本にお好みのスパイスを増やしていく
・レッドペッパー少々
・塩、コショウ少々
※甘くしたいときには、リンゴやニンジンのすりおろしやトマト(トマトケチャップ)などを加えてもよい。逆に辛くしたいときには、レッドペッパーを加える

作り方
1、にんにくとショウガをすりおろす。玉ねぎをみじん切り、鶏肉を一口大に切る。玉ねぎのみじん切りはフードプロセッサーの方が、おすすめ
2、鍋に油とにんにくとショウガを入れて少し炒め、玉ねぎを加えてさらに炒める

3、2にスパイス、鶏肉を入れて混ぜ合わせる

4、水とチキンコンソメ(お好みで)を加えて蓋をして、弱火で30分~1時間煮込んで出来上がり

 

スパイス好きにはおすすめです。
山椒を入れると大人の味になります。

マハヴィルさんのお店

 

 

ドライマウス

ラテン語で息はアニマ。
私たちは アニマル=息をする者 です。 

ここ数年、ドライマウスという言葉をよく耳にするようになりました。
ドライマウスの原因はいくつかありますが、その中でも口呼吸やストレス、薬の副作用が原因と思われるものが増えているように思います。
ストレスがあると交感神経が優位になり唾液が減少します。ストレス社会の現代、唾液を増やすための心のケアも必要です。
薬は一種類でも唾液が減るものがありますし、多剤併用によるドライマウスもあります。
全身的な病気がない場合のドライマウスは現代病と言ってもいいかもしれません。

子供のドライマウスの主な原因は口呼吸です。
何時も口が開いている、唇がカサカサしている、口内炎ができやすい、口臭などが気になる。それは口呼吸かも。
口呼吸を鼻呼吸に変えるには自宅でのトレーニングが中心になります。かと言って習癖を治すのは簡単なことではありません。口呼吸に詳しい歯医者さんのアドバイスを受けながら、お子さんができそうなトレーニング法を見つけましょう!

さまざまな鼻呼吸トレーニングの方法
                                                    www.ekimaesika.com
大人の口臭
ストレスと口臭

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなりますー③

If a child lives with tolerance,
He learns to be patient.

「安心」が我慢を育てる
トウヒの木

 我慢強いということは、心の成長の一つの大切な指標です。このような立派な父親に育てられた子供は当然のことながら心も成長しているはずです。
 小さい頃、時を得て優しく子供をなでる親の手は、将来どれほど大きな力を子供から引き出すかわからないのです。
 それに比べて、何かうまくいかなかった時、鬼のような顔でにらみつけられたり、深い失望のため息吐かれたりした子は、ものごとにおじけづいてしまいます。小さい頃安心して座っていられる膝の上があった人は幸せです。それが後にどれほどその子供を我慢強くするかわからないでしょう。
『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com