第6章 はげましを受けて育った子は自信を持ちますー①

If a child lives with encouragement,
He learns confidence.
     「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)

励ますことのむずかしさ

  カーネギーの著書に、地上最大の小売業者になったウールワースの事が書かれています。それによると彼は1年の半分をはだしで過ごす貧乏な農夫であったようです。21歳のときに店を持ちたいと、馬にソリを引かせてニューヨーク州に出かけていきます。もちろん雇ってくれる店は一軒もありません。しかし奴隷扱いのようなむごい扱いに耐えて彼は生き続けました。
 さんざん苦労して失敗を重ねて自身を失っているときに、母は彼をだきしめて「絶望してはだめだよ、いつかはお金持ちになるからね」と言ったそうです。
 この励ましが彼の自信を育てたのでしょう。またこんな母親は、子供がもしお金持ちになれなくても、それはそれで立派であると信じて、息子を励ませる親です。
 さて、彼は始めは食料品を仕入れておく貨物倉庫に、雇ってもらいます。それでも給料は払ってもらえません。払ってもらえるようになっても時給3セントで1日15時間こき使われたのです。やがて彼はアイディアをつかんで銀行から借金をしますが失敗してしまいます。
 そのような中で母の励ましがどれほど彼を支えたことでしょう。母は彼が成功しても失敗しても彼を大切に思っていたに違いないのです。
 またマックギニスの著書にある女性歌手のことが書かれています。彼女はニューヨークのタウンホールで早すぎるデビューをした黒人歌手でした。批評家たちは彼女を酷評しました。彼女は恥にまみれて故郷のフィラデルフィアに帰りました。彼女の失意は1年以上続いたのです。
 しかし彼女の母はあきらめませんでした。母は彼女を励まし続けました。そんなある午後の日の励ましの言葉が、彼女の心を深く動かしたのです。「マリアン、素直な心がなければ偉大な人にはなれないわ。失敗をくよくよするかわりに、うんとお祈りしてはどう?」そしてこの偉大な声楽家は当時を振り返ってこう語っています。
「私の声がどうであれ、信じる気持ちが私をあそこまで支えたのです。信じる気持ちと、素直な心がなければ偉大な人にはなれないわ、と言った母の言葉を」励ましが必要なのは失敗したときです。しかし励ましが必要な時に、人はその人の側から逃げていき、励ましが必要ないときにその人のもとによってくることが多いのです。
 ここに例としてあげた母たちは、皆が子供から逃げていく時にこそ子供を励ましたのです。励ますことはやさしいでしょう。難しいのは、それが必要なときに励ますことです。
 親戚の人を見返すために、子供が有名校に入るように「励ます」親は、子供が失敗したときには子供を憎むようになります。

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com