ウパシの妖精がやってきた🍳森の大学いも

 6日間続いた雨は、7日目の朝ようやくやんだのでした。
 エンクルは本棚の裏から吹き込んでくる風が氷のように冷たく感じて毛糸の手袋に潜り込みました。娘さんは目覚まし時計がなる前に起きて窓から外をながめ目を輝かせました。山の頂上は粉砂糖をふりかけたようにうっすらと白くなっていたのです。
「父さま、とうとう来たわよ、ウパシの妖精よ!」
 娘さんは中学生になっていました。「ウパシの妖精は、山々の頂に雪を降らせてふもとの村人にに冬支度を急げと教えてくれているの」。マダムは、初雪が降った朝にはきまってこの話をしていました。
「ウパシか…。」
 下でコーヒーを入れていたマスターは何だか元気がありません。雨続きで、畑の冬支度がはかどっていないのです。マスターは、毎日窓に打ち付ける雨を見ながらため息をついていました。
「父さま予定は未定。今日は早く帰れるから、二人でやれば畑に残っている野菜もサツマイモも今日のうちに収穫できるわ。」
 娘さんは、朝ご飯を食べ終わるとそう言って学校に出かけて行きました。
 ふもとにある小学校には、マスターがガラガラと音のしそうな車で送ってくれていましたが、今は歩いて通っていました。娘さんは、葉っぱのジュータンの上をカサカサと音をたてながら歩くのが大好きで、時々足を大げさにけり上げながら歩きました。雨の前には色とりどりだった葉っぱたちは、すっかり土の色に変わっていました。
大雪の冬はきびしく雪が何メートルも積もります。アドニスもスノードロップも深い雪の下の枯れ葉の毛布の下で、静かに春を待つのです。

ウパシ:アイヌ語で雪のこと

【森の大学いも】
サツマイモは先に蒸してから上げると冷めても美味しく食べられます。
はちみつの抗菌力で咳やのどの痛いときにもいいですよ。

上の写真はシナモンをかけています。

材料
・サツマイモ
・パンプキンシード、松の実、クルミ(ナッツ類やなつめなどお好みで加える)
・干しブドウ
・はちみつまたはメープルシロップ
・揚げ油

作り方
①サツマイモは蒸すかかレンジで柔らかくしておく

②水分をきって、中温の油で揚げる

③②に、炒っておいたパンプキンシードと松の実、干しブドウを加えはちみつをかける