ガラガラぺーの練習

風邪が流行する季節には、手洗いやうがいをしっかりさせたいですね。
山ねずみは子供が帰ってきたら「手を洗ってうがいしなさいよ」とは、言っていたものの、しっかりしているかどうかは見ていませんでした😢。毎日のうがいは、口の周りやのどの筋肉を鍛えるトレーニングにもなります。お子さんが、うがいがしっかりできているかのぞいてみてください。
高齢者では誤嚥の予防にもなります。

うがいの練習を始める目安(あくまでも目安です。お子さんの様子を見ながらすすめましょう。)
1.口に含んだ水を出す練習(1歳半ごろ~)
2.「クチュクチュペー」の練習(2歳ごろ~)
3.「ガラガラペー」の練習(2歳半ごろ~)


出展:明治の食育

ウパシの妖精がやってきた🍳森の大学いも

 6日間続いた雨は、7日目の朝ようやくやんだのでした。
 エンクルは本棚の裏から吹き込んでくる風が氷のように冷たく感じて毛糸の手袋に潜り込みました。娘さんは目覚まし時計がなる前に起きて窓から外をながめ目を輝かせました。山の頂上は粉砂糖をふりかけたようにうっすらと白くなっていたのです。
「父さま、とうとう来たわよ、ウパシの妖精よ!」
 娘さんは中学生になっていました。「ウパシの妖精は、山々の頂に雪を降らせてふもとの村人にに冬支度を急げと教えてくれているの」。マダムは、初雪が降った朝にはきまってこの話をしていました。
「ウパシか…。」
 下でコーヒーを入れていたマスターは何だか元気がありません。雨続きで、畑の冬支度がはかどっていないのです。マスターは、毎日窓に打ち付ける雨を見ながらため息をついていました。
「父さま予定は未定。今日は早く帰れるから、二人でやれば畑に残っている野菜もサツマイモも今日のうちに収穫できるわ。」
 娘さんは、朝ご飯を食べ終わるとそう言って学校に出かけて行きました。
 ふもとにある小学校には、マスターがガラガラと音のしそうな車で送ってくれていましたが、今は歩いて通っていました。娘さんは、葉っぱのジュータンの上をカサカサと音をたてながら歩くのが大好きで、時々足を大げさにけり上げながら歩きました。雨の前には色とりどりだった葉っぱたちは、すっかり土の色に変わっていました。
大雪の冬はきびしく雪が何メートルも積もります。アドニスもスノードロップも深い雪の下の枯れ葉の毛布の下で、静かに春を待つのです。

ウパシ:アイヌ語で雪のこと

【森の大学いも】
サツマイモは先に蒸してから上げると冷めても美味しく食べられます。
はちみつの抗菌力で咳やのどの痛いときにもいいですよ。

上の写真はシナモンをかけています。

材料
・サツマイモ
・パンプキンシード、松の実、クルミ(ナッツ類やなつめなどお好みで加える)
・干しブドウ
・はちみつまたはメープルシロップ
・揚げ油

作り方
①サツマイモは蒸すかかレンジで柔らかくしておく

②水分をきって、中温の油で揚げる

③②に、炒っておいたパンプキンシードと松の実、干しブドウを加えはちみつをかける

第6章 はげましを受けて育った子は自信を持ちますー①

If a child lives with encouragement,
He learns confidence.
     「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)

励ますことのむずかしさ

  カーネギーの著書に、地上最大の小売業者になったウールワースの事が書かれています。それによると彼は1年の半分をはだしで過ごす貧乏な農夫であったようです。21歳のときに店を持ちたいと、馬にソリを引かせてニューヨーク州に出かけていきます。もちろん雇ってくれる店は一軒もありません。しかし奴隷扱いのようなむごい扱いに耐えて彼は生き続けました。
 さんざん苦労して失敗を重ねて自身を失っているときに、母は彼をだきしめて「絶望してはだめだよ、いつかはお金持ちになるからね」と言ったそうです。
 この励ましが彼の自信を育てたのでしょう。またこんな母親は、子供がもしお金持ちになれなくても、それはそれで立派であると信じて、息子を励ませる親です。
 さて、彼は始めは食料品を仕入れておく貨物倉庫に、雇ってもらいます。それでも給料は払ってもらえません。払ってもらえるようになっても時給3セントで1日15時間こき使われたのです。やがて彼はアイディアをつかんで銀行から借金をしますが失敗してしまいます。
 そのような中で母の励ましがどれほど彼を支えたことでしょう。母は彼が成功しても失敗しても彼を大切に思っていたに違いないのです。
 またマックギニスの著書にある女性歌手のことが書かれています。彼女はニューヨークのタウンホールで早すぎるデビューをした黒人歌手でした。批評家たちは彼女を酷評しました。彼女は恥にまみれて故郷のフィラデルフィアに帰りました。彼女の失意は1年以上続いたのです。
 しかし彼女の母はあきらめませんでした。母は彼女を励まし続けました。そんなある午後の日の励ましの言葉が、彼女の心を深く動かしたのです。「マリアン、素直な心がなければ偉大な人にはなれないわ。失敗をくよくよするかわりに、うんとお祈りしてはどう?」そしてこの偉大な声楽家は当時を振り返ってこう語っています。
「私の声がどうであれ、信じる気持ちが私をあそこまで支えたのです。信じる気持ちと、素直な心がなければ偉大な人にはなれないわ、と言った母の言葉を」励ましが必要なのは失敗したときです。しかし励ましが必要な時に、人はその人の側から逃げていき、励ましが必要ないときにその人のもとによってくることが多いのです。
 ここに例としてあげた母たちは、皆が子供から逃げていく時にこそ子供を励ましたのです。励ますことはやさしいでしょう。難しいのは、それが必要なときに励ますことです。
 親戚の人を見返すために、子供が有名校に入るように「励ます」親は、子供が失敗したときには子供を憎むようになります。

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

会いたい人に会えるガーデン🍳とろとろチキンカレー

       ホリホック
ホリホック

 夏休みになってすぐだというのに、娘さんはもう自由研究のことを考えていました。本棚から取り出した植物図鑑や園芸本のページを、腹ばいになってめくっていました。エンクルもワインの本を開いてうっとりしていた時でした、外の菜園でマスターが誰かと話す声が聞こえてきました。娘さんは窓から身を乗り出して聞き耳を立てました。
「もうガーデンには行ったのかい?」
 それは郵便配達員のコロボックルさんの声でした。
「いや、今年はいかないと思うよ」
「何時もニセアカシアの咲くころ出かけていたじゃないか。とっくに花は散ったけれど、今はホリホックが見事だよ」
「ああ、ありがとう。聞いてみるよ」
 マスターはそう言うと、また静かに菜園の手入れをするのでした。秋に色づいたナナカマドに雪の帽子が届けられ、春になってニリンソウが咲いて、ラベンダーが風に揺れる季節になっても、マスターの目にはその季節の光が届いていないようでした。
 マスターが夏野菜を沢山抱えて家の扉を開けると、、娘さんは待ち構えていたように階段に座っていました。
「宿根草を自由研究にしようと思うの。冬の間雪の下に埋もれているのに、春になると必ず芽を出すのが不思議なの。ガーデンには、数えきれないほど宿根草がさいているでしょう?写真を撮って植物図鑑で調べようと思う」
「それにガーデンの宿根草が大きく育つ秘密も知りたいの。同じ花なのに、前に見たときうちの何倍も大きく感じたから」
 必死に話をする娘さんの話を黙って聞いていたマスターは、車のキーを手に取ると何も言わずドアの方へ歩き出しました。

ピンクのニセアカシア

 コロボックルさんが言っていたように、ニセアカシアはもう散っていました。マダムはこの花を見ると、『こんなにきれいな花をつけるのにどうしてちゃんとした名前を付けてくれなかったのかしら』と、怒るのでした。
ガーデンに一歩足を踏み入れると、そこには背の高い宿根草が植えられていて迷路に迷い込んだようです。マスターと娘さんが、かくれんぼをしたり写真を撮ったりしながらしばらく歩いていくと、道が急に開けて丘の上に一本のミズナラの木が現れました。マダムはその木陰からガーデンを見下ろすのが好きでした。
二人がしばらくの間そこに立ち尽くしていると、風がさわさわとゲラニウムの花をゆらしてミズナラの木の方へ吹き抜けていきました。
マダムが木陰に立ってガーデンを見下ろしている姿を、娘さんははっきりと感じたのでした。

「人は誰でも、会いたい人にいつでも会えるとは限らないのだよ。さみしくなったら、ここに来ればいいのさ」
 マスターがつぶやきました。その言葉は、自分自身に言い聞かせているようでもありました。

 帰り道、ガーデンの出口にある納屋のような小さなカフェから美味しそうなカレーのにおいがしてきました。
「今日は世界一美味しいカレーを作るぞ」
 カレーは、マスターの唯一の得意料理なのでした。

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

【とろとろチキンカレー】


何年も前に、インド出身のマハヴィルさんから教えていただいた味を思い出しながらアレンジしました。具は鶏肉と玉ねぎのみのシンプルなカレーです。本物の味にはたどり着いていませんが、徐々に近づいています(と、自分では思っているのですが)。レシピも美味しくなるたびに更新していきます。

材料(4人分)
・鶏もも肉 400g
・玉ねぎ  4個
・にんにく 4かけ
・ショウガ ニンニクの半分
・油    50㏄
・水    100㏄
・チキンコンソメ少々(お好みで)
・クミン、粒マスタード、ターメリック、ガラムマサラ、カルダモン
1:1:1:1:1(大さじ) を基本にお好みのスパイスを増やしていく
・レッドペッパー少々
・塩、コショウ少々
※甘くしたいときには、リンゴやニンジンのすりおろしやトマト(トマトケチャップ)などを加えてもよい。逆に辛くしたいときには、レッドペッパーを加える

作り方
1、にんにくとショウガをすりおろす。玉ねぎをみじん切り、鶏肉を一口大に切る。玉ねぎのみじん切りはフードプロセッサーの方が、おすすめ
2、鍋に油とにんにくとショウガを入れて少し炒め、玉ねぎを加えてさらに炒める

3、2にスパイス、鶏肉を入れて混ぜ合わせる

4、水とチキンコンソメ(お好みで)を加えて蓋をして、弱火で30分~1時間煮込んで出来上がり

 

スパイス好きにはおすすめです。
山椒を入れると大人の味になります。

マハヴィルさんのお店

 

 

ドライマウス

ラテン語で息はアニマ。
私たちは アニマル=息をする者 です。 

ここ数年、ドライマウスという言葉をよく耳にするようになりました。
ドライマウスの原因はいくつかありますが、その中でも口呼吸やストレス、薬の副作用が原因と思われるものが増えているように思います。
ストレスがあると交感神経が優位になり唾液が減少します。ストレス社会の現代、唾液を増やすための心のケアも必要です。
薬は一種類でも唾液が減るものがありますし、多剤併用によるドライマウスもあります。
全身的な病気がない場合のドライマウスは現代病と言ってもいいかもしれません。

子供のドライマウスの主な原因は口呼吸です。
何時も口が開いている、唇がカサカサしている、口内炎ができやすい、口臭などが気になる。それは口呼吸かも。
口呼吸を鼻呼吸に変えるには自宅でのトレーニングが中心になります。かと言って習癖を治すのは簡単なことではありません。口呼吸に詳しい歯医者さんのアドバイスを受けながら、お子さんができそうなトレーニング法を見つけましょう!

さまざまな鼻呼吸トレーニングの方法
                                                    www.ekimaesika.com
大人の口臭
ストレスと口臭

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなりますー③

If a child lives with tolerance,
He learns to be patient.

「安心」が我慢を育てる
トウヒの木

 我慢強いということは、心の成長の一つの大切な指標です。このような立派な父親に育てられた子供は当然のことながら心も成長しているはずです。
 小さい頃、時を得て優しく子供をなでる親の手は、将来どれほど大きな力を子供から引き出すかわからないのです。
 それに比べて、何かうまくいかなかった時、鬼のような顔でにらみつけられたり、深い失望のため息吐かれたりした子は、ものごとにおじけづいてしまいます。小さい頃安心して座っていられる膝の上があった人は幸せです。それが後にどれほどその子供を我慢強くするかわからないでしょう。
『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

夫婦でスクワット

ヨガがいいのは分かるけど、なんだかハードルが高い。そんな人にはスクワットがおすすめです。
女性だけでなく男性の妊活にもよいので、夫婦でスクワットするのも楽しそうです。
ダイエットやヒップアップしたい方にもおすすめです。

 

Video Source:MuscleWatching

呼吸でリラックス

横隔膜を使った鼻呼吸は、子供の成長に様々な良い影響があります。山ねずみとヨガとの出会いは、横隔膜呼吸について調べていた時。それは、ヨガの呼吸法そのものでした。

高校の生物で自律神経について教わったのを覚えていますか?自律神経には交感神経(興奮)と副交感神経(リラックス)があり、この二つが交互に働くことで私達の身体は調節されています。ストレス社会の現代は、交感神経優位の社会でもあります。そうした状態ばかりが続くと不眠やホルモンの乱れなど様々な不調が出てきます。ところが、自律神経は自分の意志でコントロールすることができません。唯一コントロールできるのが呼吸なのです。
ヨガの深い鼻呼吸は、副交感神経が優位となりホルモンバランスを整えてくれます。

アロマの香りの中で行うとさらにリラックス効果が高まります。鼻から入った芳香成分が脳に伝わり、高ぶった気持ちを沈めてくれます。
イランイラン、ラベンダー、サンダルウッドなどがおすすめです。

Video Source:B-life

ヨガって妊娠力を上げるの?

横隔膜を使った鼻呼吸は、子供の成長に様々な良い影響があります。山ねずみとヨガとの出会いは、横隔膜呼吸について調べていた時。それは、ヨガの呼吸法そのものでした。

高校の生物で自律神経について教わったのを覚えていますか?自律神経には交感神経(興奮)と副交感神経(リラックス)があり、この二つが交互に働くことで私達の身体は調節されています。ストレス社会の現代は、交感神経優位の社会でもあります。そうした状態ばかりが続くと不眠やホルモンの乱れなど様々な不調が出てきます。ところが、自律神経は自分の意志でコントロールすることができません。唯一コントロールできるのが呼吸なのです。
ヨガの深い鼻呼吸は、副交感神経が優位となりホルモンバランスを整えてくれます。

赤ちゃんを育む大切な子宮や卵巣を支える骨盤。骨盤の位置を矯正し子宮や卵巣の機能を改善するヨガがあります。
無理をせず、少しずつお手本のポーズに近づけましょう。

*食後すぐは避けましょう。生理中は避けたほうが良いポーズもありますので注意してください。

Video Source:B-life

 

Video Source:B-life

NHK 生活情報ブログ
不妊で悩む妊活中の女性におすすめのヨガポーズ7選

第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなりますー②

Wishing you a Happy Father’s Day!

父の背中が懐かしくなると、開くページがあります。
眠っていた記憶を呼び覚ましてくれるのです。

力の源は何時も親

 1982年クオモという人物がニューヨーク州知事選に立候補したときの話です。対立候補は圧倒的な資金力を持っていました。クオモはきっと負けると何度か思ったということです。そんな運動期間も残り少なくなったある夜のことです。クオモは気落ちしたまま日記をつけようとしていました。鉛筆を捜して机の中を捜すと、父親の古い名刺が出てきたのです。
「その名刺を見ているうちに父親の思い出が蘇ってきた。父親はアメリカに渡ってきたときには英語を話せず、やっとの思いで下水溝を掘る仕事についた。最後に小さな24時間営業の食料雑貨店を手に入れ、移民の一家はそこの裏で長年暮らした。」父親の名刺をじっと見つめた後クオモは日記に次のように書いています。少し長いのですが引用してみましょう。
「私がこう言えば、パパは何と言っただろうかと思わずにはいられない。『疲れたよ』あるいはー万が一にもー『もう気力がないよ』と言ったら。
 とりわけある場面のことがはっきりと蘇る。私たちの家族は店の裏からホリスウッドに引っ越したばかりだった。はじめて自分たちの家を持ったのである。周囲にはいくらかの土地もあり、立木まであった。そのうちの一本は大きなブンゲツトウヒの木で、四十フィートはあっただろう。
 越してきてから一週間足らずの頃、ひどい嵐があった。その晩私たちが店から帰ってくると、そのトウヒの木がほぼ完全に地面から抜けて前に倒れていた。その強い枝が道のアスファルトの上で折れ曲がっている。私たちのトウヒの木が嵐に敗れ、まるでマットに頬をうずめているさまを見ると、みんなの心は沈んだ。しかしパパはちがった。
 父はたぶん、靴のかかとがすりへっていなければ五フィート六インチ程度、たっぷり食事していれば百五十五ポンド程度の小男だった。しかし、フランキーと私とマリーとママを全部合わせたよりも力持ちだった。
 私達は通りの真中に倒れた木を見下ろした。雨が降っていた。二、三分考えをまとめたあと、パパが言った、『よし、こいつを引き起こすぞ!』「何言ってんの、パパ?根っこが地面に出ちゃっているんだよ』『うるさい、ひきおこすんだ。ちゃんとまた根づくさ』
 その言葉にどう答えていいかわからなかった。パパにはノーと言えなかった。父親だからというより、パパがひどく断固としていたからだ。
 そこで私達はパパについて家に戻り、あるだけのロープをさがしたあと、アスファルトに倒れたトウヒの木のてっぺんにロープを結び付けた。パパと私が家のそばからロープをひっぱり、フランキーが雨の降る通りで木を押し上げた。するとまたたく間にトウヒの木は再びまっすぐに立ったのである!
 雨がまだ降りつづくなかで、パパは根っこの下の土を掘り、穴がだんだんひろがるにつれて、木はすこしづつ沈んで安定していった。それからみんなで根っこに土をかぶせ、上に石をのせて動くのをふせいだ。パパは地面にくいを打ち込み、幹からロープを張った。二時間ぐらい過ぎていただろうか。曲がった枝をロープで伸ばし、まっすぐに立ったトウヒの木を眺めて、パパは言った。『心配するな、またちゃんと育つさ』
 ひきだしから見つけたパパの名刺を見つめながら、私は声を上げて泣きたかった。いまあの家の横を通ると、高いまっすぐのプンゲツトウヒの木が見えるはずだ。六十五フィートはあるだろう。アスファルトに鼻をつけたことなど一度もないような顔をして、そいつは天に向かってすっくと立っている。
 私はパパの名刺を引き出しに戻し、なにくそと力をこめて閉じた。選挙運動に戻るのが待ちきれなかった。」
 クオモはその後、州選挙知事選に勝利しました。
 子供というのはおそらく親の直接の説教よりも、親の生き方から学ぶのです。私は臆病な青年でした。しかし何度父親から「忍耐、豪胆」と教えられたかわかりません。
 子供は親から「我慢強くなければいけない」と教えられて我慢強くなるわけではないのです。マックギニスはこのクオモの日記の後で、このクオモの頑張りの源は移民の父親であったと書いています。
               「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

妊娠力を上げたいと思ったら

「子育てに役に立ちそう」と思った情報を、ブログに書いてきました。でも、子供あっての子育て、子供あっての小児歯科。ちょっと踏み込んで、妊活に役に立ちそうな情報も集めることにしました。もちろん、山ねずみは妊活のプロではありませんので、「これは試してみたい!」と思ったら自己責任でお試しくださいね。
昔は早婚だったので、あえてタイミングなど考えなくても妊娠のチャンスは多かったと思います。晩婚化が進み、妊娠適齢期の男女とも仕事を持って忙しく働いている近年では、妊娠できるタイミングはそんなに多くはないはず。結婚=妊活開始という夫婦も多いかもしれません。
今は、排卵検査薬や妊娠検査薬など簡単に購入できますよね。でも、それらを使う前に自分の体を妊娠・出産が可能な状態に整えておくことも大切です。そうでないと、仮に妊娠できても流産を繰り返すなど悲しい結果になりかねません。これは、女性だけに限りません。男性も同様です。
女性の体内で、精子にとって過酷な環境を通り抜けた精子が、成熟した卵子と受精し、子宮に着床して妊娠は成立します。ならば、精子には体力(精子力)がなければならないし、成熟した卵子が排卵され、受精卵が着床するためには子宮内膜というふかふかなベッドが必要です。妊娠や妊娠の継続のためには、元気な精子、成熟した卵子、ふかふかなベッドがそろっていなければなりません。これらは、赤ちゃんが欲しいと思ってすぐにできるものではありません。結婚前から、ホルモンバランスや子宮や精巣の血流を意識した運動、十分な睡眠を心掛けましょう。
直接的に妊娠に結びつくような情報はもちろんですが、間接的に役に立ちそうな情報もアップしていきたいと思います。

『NHK 生活情報ブログ』
不妊で悩む妊活中の女性におすすめのヨガポーズ7選

ゆっくり届いた春のごちそう🍳アイヌネギ

カタクリとアイヌネギ

 プーでの暮らしは、食べるものには困らないし屋根やガラスをたたく吹雪やみぞれに昼寝を邪魔されることもなく、何の不満もないはずでした。ところが、何時も半月もたつと、マスターの目を盗んで台所を駆け回ったり、娘さんが食べこぼしたビスケットのかけらを拾い集める日々が懐かしくなるのでした。天国だと思っていたプーがいつの間にか天国ではなくなるのです。「そろそろ戻るか」エンクルは身支度を始めました。
 地下室をでると、冬の間風でガタガタふるえていた家の窓から様々な鳥の声が聞こえてきました。するすると窓に這い上がると、木の枝にリンゴや牛脂がくくりつけてあります。エサ台にはトウモロコシやヒマワリの種、クルミまでのせてありました。さっそくエゾリスがエサ台の上でクルミを抱え込んでいます。野ねずみも来てエサ台の下にしげっているカタクリやアイヌネギの間を忙しくいったり来たりしています。下に落ちているヒマワリの種を食べていたのです。
さわさわと優しい風が南の方から吹いてきました。エンクルが風が吹いてきた方に目をやると、エサ台の向こうの南側の斜面はエゾエンゴサクの花で紫色に染まっていました。
「春だ、春だ、春が来た」エンクルは窓辺を行ったり来たりしながら、そわそわと小さく何度も飛び上がりました。
大雪の山々に、春はゆっくりやってきたのでした。

【アイヌネギ(行者ニンニク)】
アイヌネギ(行者ニンニク)のことをアイヌはキトと呼んでいました。アイヌにとって、山で採れるものは神様が人間のために地上へおろされた食べ物であり薬でした。その中でもキトはその烈しい臭いで病魔も追い払うと信じられていました。
実は山ねずみ、キトはジンギスカンや焼き肉と一緒にそのまま焼いて食べたことしかありませんでした。疲労回復や免疫力を高めるアリシンがニンニクや玉ねぎの何倍もあるということなので、まずは、ショウガも入れて醬油漬けにしてみようと思います。

アイヌネギ(行者にんにく)の効果と効能
1.β-カロテンが豊富!- 老化防止や視力を向上する効果
2.行者にんにくでビタミンCを摂取!- 細胞の老化を防止する効果
3.ビタミンKが特に豊富に含まれる!- 止血作用と骨粗しょう症予防
4.行者にんにくにはアリシンも!- 疲労回復や風邪予防
5.葉酸も摂取できる! – 胎児の先天異常防止と貧血を予防する効能
(引用:良好倶楽部)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります―①

If a child lives with tolerance,
He learns to be patient.

寛大な親とは

  マックギニスは著書のなかでケネディー家の事に触れています。ケネディー大統領が次のように父親を語ったというのです。「水泳教室がいくつもあります。そのたびに1年生の選抜があって、僕はよくそれに出ていました。父はいつもそれに応援にきたものです。いつもかならずね。兄弟全部に父はそうしていました」。そしてマックギニスはその解説に、「子供を励ましてできるだけ多くの目標に挑戦させ、こんな形で付き合ってくれる父親がいたら、子供の将来は大きくちがってくるだろう」 と、言っています。
 しかしこのようなことはちょっと考えるだけでも大変なことです。子供がしたいことを励ますのであって、親が子供にさせたいことを、やるように励ますのではないのです。子供を自分の望むように変えようというのではないのです。
 子供を励ますことを、子供を自分の望むように変えることと勘違いしている親は多いようです。子供を変えようとするのではなく、子供をありのままに受け入れるためには大変な忍耐力、寛大さが必要です。子供の才能に非現実的な期待をかけたりしないことなのです。

 心の寛大な人の中で育った子供は、我慢強くなります、という「寛大」の元の言葉はtoleranceです。他人の考えなどに寛大なことであり、また他人の間違いなどに寛大なことであり、また他人の間違いなどを我慢することです。

未成熟な親とは

 情緒的に未成熟な親は、子供の自然な成長を待てないと言います。もともと子供は自己中心的で、いろいろなことに我慢できるものではありません。しかし、そんな子供の自然に耐えられない母親が多いのです。そこで、ついつい子供の年齢にしては無理なことを要求してしまいます。
 親の心が寛大であるときには、子供は自分の望みを発見できます。自分の望みが親の期待に反するのではないかということを恐れる必要がないからです。また寛大な親にとって、子供の自我の成長は脅威ではないでしょう。
 親と子供がいつもケンカしているのは、お互いに相手を自分の都合良いように変えようとしているからです。心が寛大とは、子供が自分の期待と違った望みを抱くことを許せる、ということです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com

最後に裸足で地球の上を歩いたのは何時でしたか?

くつを脱いで裸足で草の上を歩く、
砂浜を歩く、
土の上を歩く、
それは地球につながること。
もしかしたら、足も呼吸をしているのかも。

Video Source:エハン塾【ダウン・トゥ・アース】
アロマ&ハーブ La Mure – ラ・ミュールの先生がフェイスブックにアップしていました。)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー⑤

If a child lives with shame,
He learns to feel guilty.

親の嫉妬の影響

 さて、ここまで書いてもこの物語がどう自分に結びつくか、多くの親御さんは疑問に思うでしょう。
 ここに、子供の成功を通して世間を見返してやりたいと願う父親がいます。幸いにも子供は成功へと歩んでいきます。ところが、彼は心の底で子供の成功を不快に思っています。
 この父と子の葛藤は、継母と白雪姫の葛藤そのものなのです。
 父親は子供の成功を喜びながら、秘かにその成功を破壊したいと願いはじめます。現実に成功しはじめた子供に敵意をもちだすのです。しかし立場上父親は、自分の子供を妬んでいるとは認められませんので嫉妬はおさえつけられます。
 嫉妬が押さえつけられると、父親は今度は息子のあらさがしをはじめます。例えば「お前は虚栄心が強い」と非難したりします。非難はすべておさえつけられた自分の嫉妬の投影ですが、父親はもちろん気づきはしません。
 子供はこうして成功することに罪悪感を覚えていくのです。

他人と比べていい人、悪い人

 自分が優れていることを、異常なまでに他人に認めさせようとする人がいます。
「自分より優れたものが身近に出現すると、その存在が癪の種になってくる。そして、自分が彼より優れていることを相手にもまわりの人にも認めさせようとするのである。」
 私は若い頃、こんな比較はするな、とよく本に書いていました。ところが、世の中には他人と自分を比較しても苦しんでいない人もいることに、後になって気づいたのです。それどころか、比較することで自分を励ましている人もいるのです。これはどういうことでしょうか。
 比較する人の心に、妬みがあるかないか、なのです。妬む心があれば、比較することでそれを刺激されるでしょう。しかし心に妬みがなければ、比較しても苦しむことはないのです。

嫉妬される子供の不幸

 こうした一連の心の動きは、妬まれ恨まれる側にも深刻です。
 誰かに妬まれている、ということは、その誰かに(いわれのない)非難をされているということです。従って、妬まれた人が自分に罪悪感を持ったとしても不思議ではありません。何かいつも悪いことをしている気分にもなるでしょう。恨みもまた同じです。
 こうなっては、妬まれる側はたまりません。じんわりと「自分に罪悪感を持て」と強迫されているのですから。そして罪悪感を持つと、当たり前ですが、人は行動的ではなくなってしまいます。これは前出の「にせの罪悪感」です。

 批判や敵意のなかで育つと、ある子どもは他人を非難したり戦ったりするでしょうし、またある子どもは、いじけてはにかみ屋になったりするのです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』www.mintnokaze.com