アメリカインディアンの教え

 

 子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)です。しばらくはこの本を読み返しながら、時々、息をすること、食べること、病気の予防のためにできることなど書きたいと思います。抜粋した文章はそのまま転記したいと思います。したがって、文中の「私」は山ねずみではありませんのであしからず。
 家事や仕事の隙間時間に、ハーブティーやコーヒーを飲みながらのぞいて見てください。

 でもその前に-。山ねずみが読み忘れていたこの本の胆(心)だと思う文章をあとがきから引用しておきます。

 この『インディアンの教え』の最後の文章の「愛」の直訳は「受け入れ」です。つまり「子供を受け入れる」という教えでもあります。自分が弱いにもかかわらず、それを受け入れられず強そうにする人はもちろん自分を受け入れていません。このような人は他人も受け入れられないでしょう。

 別の言葉で言えば、この教えを子供を操作するために使わないということです。こうすればこうなるから今こうすれば良いのだと子供を自分の都合良いように動かすためにインディアンの教えを使おうとする人は失敗するにちがいありません。そのような人は自分の心に葛藤があるからです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)